雲のやすらぎプレミアムの口コミ

腰痛マットレスで口コミで評判が良いのが「雲のやすらぎプレミアム」

 

 

雲のやすらぎプレミアムは朝起きたときの肩や腰などの辛い痛みを感じさせないため、5層構造で対策された高反発快眠敷布団です。

 

朝起きた時、睡眠中に体の重い肩や腰に体圧の多くの負荷がかかり痛みを感じる原因になることがありますが、雲のやすらぎは5層構造で体全体の体圧を分散することで肩や腰の負担を軽減させ腰痛対策敷布団として好評なんですね。

 

朝、目が覚めて起き上がろうとして腰に痛みを感じたらすぐには立ち上がれず憂鬱になりますよね。

 

夜寝るときはどうもなかったのに、目が覚めた時、腰などに痛みを感じるのは睡眠中に腰などに体圧があつめられてるからかもしれません?

 

生活する中、睡眠は毎日のことなので積み重なり腰に痛みを感じるのかもしれません、

 

そのため、睡眠中に体圧の負荷を一定させず分散させることが必要なので、敷布団選びも重要なんです。

 

一日の始まりは朝の目覚めからですからね。

 

  • 朝、目が覚めたら腰に痛みを感じる
  • 仰向けで寝ていると腰が辛い
  • 寝つきが悪い

 

睡眠中にこんな悩みがある人に評判がいいのが雲のやすらぎプレミアムなんです。
雲のやすらぎは睡眠中の腰痛対策と、春夏秋冬一年をとうして愛用できるように春夏は防ダニ、秋冬はあったか仕様といった5層構造で清潔に快眠できるからではないでしょうか。

 

雲のやすらぎにはよい口コミが多くみられますが中には悪い口コミもあったので紹介したいと思います。

 

良い口コミ

 

40代女性

私は朝、目が覚めて起き上がるとき腰が辛くてすぐに起き上がれない時があるので腰対策の布団で寝ていますが、朝起きた時の腰の辛さはとれないので雲のやすらぎはよい評判だったので購入しました。
始めは前のとそんなに変わらないんではないかと不安でしたがこの布団で寝るようになってからは腰の辛さがなくなり朝の目覚めもすっきりとしてよくなりました。

 

50代女性

朝起きるとき、肩や腰といろんな場所が痛くて辛い時があったのですがこの布団で寝るようになってからは、痛みを感じることがほとんどなくなり助かっています。
また、この布団で寝るようになってからはあったかくて寝つきもよくなり朝も気持ちよく目覚めるようになりました。

 

40代男性

私は若い時から朝起きた時、腰が痛いことがあり夜寝るときも横を向いてじゃないと寝付けませんでした。でも雲のやすらぎを知りこれで寝るようになってから朝、起きるとき腰の痛みが無くなりはしませんがあまり感じなくなってきました。
そのうち腰の辛さは無くなるんではという思いです。始めは半信半疑でほんとに効果があるのかなと思っていましたが使ってよかったと思っています、また雲のやすらぎは春夏、秋冬と1年をとうして裏表で使えるように対策してあるのも気に入っています。

 

悪い口コミ

 

30代男性

朝起きた時、腰の痛みを感じることがあるので雲のやすらぎは腰対策をしてあるので腰痛などに良いと雑誌で見たので購入して1週間ほど使っています。
今のところは寝起きに変化はありません。マットの厚みがあるせいか体が沈んで僕には合わないように思います、敷布団はあまり柔らかいのは好みではないのでこのまま使って効果が出なければ返品しようと思います。

 

50代女性

雲のやすらぎで寝るようになって肩や腰の辛さが感じなくなり嬉しいのですが、押し入れに入れるとき私には少し重たくて大変です。それに厚みがあるので場所を取ります。
でもこの厚みでふわふわと温かく寝れるんですけどね。

 

40代女性

雲のやすらぎは5層構造で寝起きの腰に辛さがある人におすすめの敷布団というので使っています。
朝起きるとき腰が辛いのでこの痛みから解放されたいと思い買ったのですが、あまり効果は感じないのでがっかりです。でもこれで寝るようになってからはふわっとして気持ちがいいせいか寝つきが良くなりました。

 

雲のやすらぎは評判は良いが全ての人が満足してる訳でない

 

雲のやすらぎは安い腰痛マットレスの中で評判が凄く良いのは口コミを見ても分かります。

 

しかし、悪い口コミがあるように全ての人が満足している訳ではないのも事実ですし、実際に返品保証を利用している人も少なからずいるみたいです。

 

寝具なので評判だけで選んで失敗をしてしまったり、体型に合わせて硬さを選んでいない人もいるのが分かります。

 

評判が良いからではなく「自分の体型に合っているのかで選ぶ」ようにしましょう。

 

「実際に使った人やSNSの口コミをもっと見たい人」や「どれぐらいの体重や体型なら合うのか知りたい人」はマットレスの王様の「雲のやすらぎプレミアム口コミ評判」で目安が紹介されていたりするので参考にしてみてください。

 

口コミだけでなく細かい詳細から体型や体重の目安も解説がされているので、本当に自分に雲のやすらぎが合うのか分かるはずです。

 

口コミのまとめ

 

雲のやすらぎで寝るようになって肩や腰の辛さが感じなくなったや、ふわふわと温かくて気持ちよく寝つきや目覚めが良くなったという良い口コミが沢山ありました。

 

ただ、いくつかはあまり変わらないや柔らかくて寝ずらいという人もおられましたが人それぞれで硬いのが好みの人や柔らかいのが良いという人がいるので仕方ないと思います。

 

実際に使ってみないと自分に合う合わないは判らないの部分でもあります。

 

雲のやすらぎプレミアムは返金保証が公式の通販サイト限定で付いたキャンペーンが行われています。

 

返却時は送料は負担など条件はありますが、初めての高反発のマットレスや敷布団を使うって人でも利用がしやすくなっています。

 

 

雲のやすらぎプレミアムの効果

 

雲のやすらぎプレミアムは睡眠中、体圧の負荷を分散して目覚めた時、肩や腰の辛さを抑える効果があります。

 

朝、目覚めたら肩や腰が痛くて起き上がるのが辛い時がありますよね。
それは睡眠中に、体圧が体の重たい部分に多めにかかり肩や腰に負荷を与えて痛みを感じるんです。

 

雲のやすらぎは5層構造で腰対策がされているので、体圧を一か所に集めず分散することで痛みを和らげるように作られているんですね。
また、そのほかにも高反発ウレタンを使ったり、高品質羊毛のロレーヌダウン、防ダニ、抗菌防臭でオールシーズン快適に寝られるようにリバーシブル設計されているので好評なんではないでしょうか。
生活する中で睡眠は重要で欠かせないことです。
朝起きた時、肩や腰が辛いと一日憂鬱ですよね。

 

毎日のことですので憂鬱から解放されるように、自分に合った敷布団を選ぶことも体のためにも重要なんではないでしょうか。

 

雲のやすらぎプレミアムで腰痛が悪化する人の特徴

 

雲のやすらぎプレミアムは腰痛に良いと評判ですが、悪化したなどの口コミも見受けられます。

 

あなたが腰痛には高反発マットレスが良くて、雲のやすらぎは評判だから使おうと検討しているのであれば、同じように腰痛が悪化する可能性があるのでおすすめしません。

 

寝具の情報サイトには間違っていることも多いので、騙されてしまっている可能性があります。

 

雲のやすらぎは高反発マットレスでもあるので、太っても痩せてもいない平均的な体型や体重の重たい人にならおすすめすることはできます。

 

しかし、痩せている人が使うと腰が浮くことで、腰痛が悪化する可能性があるので、おすすめできません。

 

寝具について調べていると高反発だから良いなんて見かけることが多いですが、体型で選ばなければ失敗をします。

 

朝のマットレスが原因になってくる腰痛は「腰が浮く」や「深く沈む」であり、硬さが合っていないからです。

 

あなたの体重が55kg以上であれば良いですが、それよりも痩せていると腰痛が悪化する可能性もあるので、おすすめすることはできないです。

 

雲のやすらぎプレミアムの最安値

 

雲のやすらぎの最安値を調べてみた結果、楽天通販、アマゾン、ヤフーショッピングではどこも同じ価格になっていました。

 

  • シングル39,800円送料無料
  • セミダブル49,800円送料無料
  • ダブル59,800円送料無料

 

価格はどこで購入をしても同じなので最安値は変わらないです。
但し、公式サイト限定でキャンペーンが行われており、返金保証が付いています。

 

そのため、失敗した時のことを考えて公式の通販サイトで購入をしているのですね。
雲のやすらぎプレミアムの最安値は変わらないので、返金保証の付いて公式サイトを利用するのがおすすめです。

 

雲のやすらぎの販売店

 

雲のやすらぎは販売店は公式サイト・楽天・アマゾンなどの通販となっています。

 

店頭での販売はされておらず、ニトリなどの寝具屋やドンキなど店頭で見かけることはないです。
寝具は通販限定で販売しているお店も多く、店頭に並んでいるのは日本でも老舗の「東京西川」や「無名ブランド」などが多かったりします。

 

そのため、雲のやすらぎプレミアムのように返金保証を付けて売られている寝具もいくつかあります。

 

寝具は自分に合うのは体型や体重で人それぞれであり、硬さの目安はあっても合わないことも少なからずあります。

 

どんなマットレスでも朝に問題ない人であれば良いですが、腰痛や背中の痛みに悩まされる人は、できるだけ返品保証が付いたのを利用するのがおすすめです。
また、店頭で試し寝すれば良いかと言えそうでもありませんので注意をするようにしてください。

 

実際に使うと寝具は7時間のように長時間であり、短時間使ったとしても実際とは違ってくることも多いです。

 

 

page top